子宮内膜症でいろいろ試してヤーズが一番合っていました

生理が辛いと思って婦人科に行ったところ、子宮内膜症と診断されました。

薬を飲みはじめて、最初は副作用の吐き気がひどく、何種類かの同じようなピルを試しました。

そもそも最初はピル自体にも不安がありました。

血栓症とか、問題もあることを聞いていたためです。

けれども今はホルモン量などがどんどん減量されて、昔よりもより安全になっていることなどを知り、安心して飲めるようになりました。

毎日同じような時間に欠かさずに飲むというのも最初は大変でした。

けれども、明らかにメリットの方が大きかったので続けることが出来ました。

今飲んでいるヤーズのメリットとしては、まずとにかく辛かった生理痛が軽減されました。

そして、生理日が予測できるようになったため安心ができたり予定のコントロールができるようになりました。

逆に少しなら生理日自体をずらすこともできるようになりました。

これで生活がとても楽になりました。

また、これはヤーズでは適用外となりますが、やはり万が一の妊娠のリスクの回避にもなります。

自衛策はいくつあってもよいと思います。

安心感が得られるのは大きいです。

こういったメリットから、ヤーズはじめこういった経口避妊薬は正しく使える方にはおすすめです。

PRサイト:薬エクスプレス